Axelglobe

Sensing the world,changing the future.

Axelglobe

The Power of AxelGlobe

AxelGlobe — それは、新しい時代の地球観測インフラ。地上の車も判別できる2.5mの分解能で、世界のすべてを、毎日、見ることができるようになります。その価値は、世界の最新の情報が分かるだけにはとどまりません。過去から蓄積してきたデータと比較することにより、未来を予想することすら可能になるでしょう。

アクセルスペースでは、数十機のGRUS衛星からなる地球観測網AxelGlobeの構築を目指しています。これにより1日1回、地球上の全陸地の約半分を撮影することが可能となります。これは人間が経済活動を行うほぼ全ての領域であり、その情報を毎日得ることができるようになるのです。

2018年に最初の衛星を打ち上げ、その後衛星数を増やしてゆきます。完成は2022年を予定しています。

AxelGlobeサービスが2019年5月31日にスタートしました。下記ウェブサイトをご訪問ください!

AXELGLOBE.COM へ

Rio Pardo de Minas, Brazil: NDVI analysis

作付面積や生育の状況を画像から確認するだけでなく、分析を行うことで収穫適期の把握、水・肥料の管理なども衛星画像から行われています。

世界的に問題になっている違法伐採の早期発見に利用するほか、森林の樹種判断等の管理に衛星画像が利用されています。

長距離にわたるパイプラインや外洋に浮かぶプラント、メガソーラーなど、大規模なインフラのモニタリングに、衛星画像が役立ちます。

Empty tab. Edit page to add content here.