2021年8月26日

アクセルスペースとSynspective、経済産業省「超小型衛星コンステレーション技術開発実証事業」補助事業者として採択決定

株式会社アクセルスペース(本社:東京都中央区、代表取締役:中村友哉)と株式会社Synspective(本社:東京都江東区、代表取締役:新井元行、以下 「Synspective」)は、経済産業省が進める超小型衛星コンステレーション技術開発実証事業の補助事業者(令和3年度 産業技術実用化開発事業費補助金)として採択されましたことをお知らせします。

世界では政府予算を投じて超小型衛星コンステレーションの構築が急速に進められている中、宇宙活動の自立性や競争力確保の観点などから、日本としての超小型衛星コンステレーションの構築能力の確保は喫緊の課題とされています。

このような背景において、アクセルスペースとSynspectiveは、経済産業省が超小型衛星コンステレーションの構築に必要な研究開発及び軌道上実証の支援を行う「令和3年度 産業技術実用化開発事業費補助金(超小型衛星コンステレーション技術開発実証事業)」を受け、共同で衛星コンステレーションのワンストップサービス実現に向けた超小型衛星実証事業を進めることとなりました。

アクセルスペースとSynspectiveは、世界をリードする超小型衛星の量産を見据えた設計の汎用化、製造の効率化、運用の自律化・自動化について実証し、光学/SARの超小型衛星コンステレーション構築を通じて、宇宙活動の自立性や日本の競争力確保に貢献して参ります。

印刷をされる方はこちら
株式会社Synspectiveについて

Synspective(シンスペクティブ)は、データに基づき、着実に進歩する世界の実現を目指し、衛星による観測データを活用したワンストップソリューション事業を行う会社です。内閣府「ImPACT」プログラムの成果を応用した独自の小型SAR衛星により高頻度な観測を可能にする衛星群を構築し、その衛星から得られるデータの販売、および、それらを利用した政府・企業向けのソリューションを提供します。
設立:2018年2月22日
所在地:東京都江東区三好3-10-3
代表者:代表取締役CEO 新井 元行
URL: https://synspective.com/

株式会社アクセルスペースについて

所在地:東京都中央区日本橋本町3-3-3 Clipニホンバシビル
代表者:代表取締役CEO 中村 友哉
設立:2008年8月8日
資本金:7,122百万円(資本準備金を含む)
主な事業内容:超小型衛星による地球観測事業、超小型衛星等を活用したソリューションの提案、
超小型衛星及び関連コンポーネントの設計及び製造、超小型衛星の打ち上げアレンジメント及び運用支援・受託
URL:https://www.axelspace.com

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

株式会社アクセルスペース 担当:生本 pr@axelspace.com
株式会社Synspective 担当:熊崎・藤川 press@synspective.com