2021年8月3日

JX通信社と速報衛星写真の配信実証実験を開始

〜次世代地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」とAIビッグデータリスクセンサ「FASTALERT」の連携で緊急時等の情報提供へ貢献〜

株式会社アクセルスペース(本社:東京都中央区、代表取締役:中村友哉)は、株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米重克洋、以下 「JX通信社」)とともに、次世代の衛星報道サービスの提供に向けた実証実験を実施することを決定しましたのでお知らせします。
第一弾として、静岡県熱海市で発生した豪雨の影響による大規模な土砂崩落の衛星写真撮影結果を配信します。

協業の背景

アクセルスペースは、自社が開発・運営中の次世代型地球観測コンステレーション「AxelGlobe(アクセルグローブ)」事業にて、2021年3月に日本初となる複数衛星同時打上げを成功させ、同年6月10日より、2〜3日に一度という高頻度で指定場所を撮影するサービスを開始しています。

JX通信社は、「データインテリジェンスの力でより豊かで安全な社会を創る」をビジョンとして、SNSをはじめとする各種ビッグデータから、報道価値の高いリスク情報をAI(人工知能)を用いて超高速に検知し、報道機関や官公庁、インフラ企業等に配信する「FASTALERT(ファストアラート)」をはじめとするプロダクトを提供する報道ベンチャーです。

両社は、ビッグデータにより「今起きていること」を明らかにし、より安全な社会を創るというミッションに共感し、JX通信社が「FASTALERT」で検知した災害等の発生箇所をアクセルスペースが迅速に「AxelGlobe」で撮影し、FASTALERT顧客に対して提供するサービスを試行提供することを決定いたしました。これにより、より気軽かつ迅速に衛星画像をメディア企業や官公庁、インフラ企業が活用可能となり、多角的かつ広範に事象の発生状況を把握しつつ、報道や災害復旧等に役立てることが可能となります。

試行提供の概要

試行期間は2021年7月から、2022年1月まで(早期終了の場合あり)を予定しています。
期間中、両社は不定期に「AxelGlobe」衛星で撮影を行い、FASTALERT契約顧客に無償提供するほか、JX通信社が運営する無料速報ニュースアプリ「NewsDigest」でも、概要を独自の速報として皆様にお届けします。

第一弾画像について

左:2021年4月9日撮影 右:2021年7月12日撮影

その第一弾として、静岡県熱海市で7月3日に発生した豪雨の影響による大規模な土砂崩落の前後の様子を撮影した速報衛星写真を公開します。熱海における土砂崩落は、その災害の激甚さから、発災当日はメディアはもとより政府・自治体も現地調査が困難な状況が続いておりましたが、JX通信社はFASTALERTで即時検知し、メディア各社に提供した住民によるSNS動画が長期間に渡り、その被害状況を知る手がかりとして報道に活用されました。
アクセルスペースは今後、同様に大規模災害が発生した際に、AxelGlobeで速報写真を撮影し、JX通信社へ提供することにより、より迅速に被害の全容を明らかにすることへ貢献します。

報道機関の皆様には、試行撮影した画像プロダクトをJX通信社から報道用途に限定し、無償提供いたします。詳細は末尾の問い合わせ先までご連絡ください。

印刷をされる方はこちら
株式会社JX通信社について

JX通信社は、報道領域に特化したテックベンチャーです。
国内の大半の報道機関のほか官公庁、インフラ企業等にSNS発のリスク情報を配信する「FASTALERT」、一般消費者向けの速報ニュースアプリ「NewsDigest」、自動電話情勢調査などのサービスを提供しています。新型コロナウイルス感染症をめぐっては、国内でいち早く2020年2月16日より国内感染状況の統計をまとめた「新型コロナウイルス感染状況マップ」を公開し、各報道機関・メディア・研究機関にも情報を提供しています。
URL:https://jxpress.net

FASTALERTについて

「FASTALERT」は、AI(人工知能)がSNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し配信するWebサービスです。2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての⺠放キー局とNHKで採用。各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞。現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo.1の業界標準として全国の大半のテレビ局や新聞社に採用されているほか、警察、消防、自治体、一般企業でも幅広く導入実績があります。
URL:https://fastalert.jp

株式会社アクセルスペースについて

所在地:東京都中央区日本橋本町3-3-3 Clipニホンバシビル2階・3階
代表者:代表取締役CEO 中村 友哉(なかむら ゆうや)
設立:2008年8月8日
資本金:7,122百万円(資本準備金を含む)
主な事業内容:超小型衛星による地球観測事業、超小型衛星等を活用したソリューションの提案、
超小型衛星及び関連コンポーネントの設計及び製造、超小型衛星の打ち上げアレンジメント及び運用支援・受託
URL:https://www.axelspace.com

AxelGlobeについて

アクセルスペースが構築中の、世界のあらゆる地域を高頻度で観測できる次世代光学地球観測プラットフォームです。現在は衛星5機体制で、同一地点を2〜3日に一度観測し画像提供することができます。2023年までに10機体制を実現し、世界の毎日観測を可能にする予定です。衛星が撮影する画像は、作物の生育管理や収穫適期予測等の精密農業、都市計画や経済動向把握、災害対応への利用のほか、withコロナ時代のサプライチェーンのリモート監視、SDGsへの貢献やESG対応のための環境モニタリングといった活用が注目されています。
URL:https://www.axelglobe.com/ja/

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

株式会社アクセルスペース 担当:生本 pr@axelspace.com
株式会社JX通信社 担当:和泉 info@jxpress.net