2018年12月7日

シリーズB投資ラウンドにおける資金調達のお知らせ

毎日全地球観測インフラAxelGlobe完成に向け着実に進展

株式会社アクセルスペース(本社:東京都中央区、代表取締役:中村友哉)は、31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースⅠ合同会社(三井不動産株式会社およびグローバル・ブレイン株式会社により運営)をリード・インベスターとし、その他ベンチャーキャピタル、事業会社を引受先にシリーズB投資ラウンドにおいて約25.8億円の第三者割当増資を実施しました。2015年12月に発表した毎日全地球観測インフラ「AxelGlobe」の完成に向けた歩みを確かなものにするため、弊社は次のステージへ進んでまいります。また、2017年から本年に延期しておりましたGRUS初号機の打ち上げおよび今回の調達に合わせた組織再編についても併せてお知らせします。

引受先(カッコ内は代表社員または無限責任組合員)

本投資ラウンドで調達した資金により、2020年に2機のGRUSを追加で打ち上げる予定としています。衛星数が増加し、撮影頻度が向上することを見据え、本投資ラウンドにおけるリード・インベスターでもある三井不動産株式会社とも本格的な協業に向けて検討を開始しています。

左から三井不動産ベンチャー共創事業部田中氏、同菅原部長、
弊社代表取締役中村、グローバル・ブレイン百合本社長、同社パートナー青木氏

GRUS初号機の打ち上げについて

改良のため2017年から本年に延期しておりましたGRUS初号機の打ち上げについて、詳細が下記の通り決定しました。

  • 打 上 日   2018年12月27日(天候により延期する可能性あり)
  • ロ ケ ッ ト   ソユーズ(Soyuz-2)
  • 射   場   ロシア連邦ボストーチヌイ射場
  • 投 入 軌 道   太陽同期軌道、高度 600km
  • 打上事業者   GK Launch Services(ロシア国営企業Glavkosmos子会社)
  • 打 上 機 数   1機

本打ち上げに向けて衛星はすでに射場に到着しており、打ち上げに向けて現地での最終準備作業を行っております。

GRUS初号機

組織再編について

このたびシリーズB投資ラウンドの調達を完了したことにより、弊社は次のステージへと移行します。その成長に合わせて、CFO(最高財務責任者)、CBDO(最高事業開発責任者)を含む新たなマネジメント職の設置及び組織再編を行い社内の経営体制を更に強化しました。今回の組織再編を受けた、弊社の経営体制は下記の通りとなります。

■ 代表取締役CEO(最高経営責任者)(留任):中村 友哉(なかむら ゆうや)

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中、3機の超小型衛星の開発に携わり、卒業後、2008年にアクセルスペースを共同設立、代表取締役に就任。2015年より内閣府宇宙政策委員会宇宙産業・科学技術基盤部会委員。

■ 取締役COO(最高執行責任者)(留任):野尻 悠太(のじり ゆうた)

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士号取得。卒業後、証券会社において投資銀行業務に従事し、2009年よりアクセルスペースに参画。

■ 取締役CTO(最高技術責任者)(新任):宮下 直己(みやした なおき)

東京工業大学大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻博士課程修了。在学中、2機の超小型衛星の開発に携わり、卒業後、2008年にアクセルスペースを共同設立、取締役に就任。

■ CBDO(最高事業開発責任者)(新任):山崎 泰教(やまざき やすのり)

金融セクターにおける経歴を通じ、企業マーケティング、ブランディング、コーポレート・アクセスに従事。2017年、アクセルスペースに参画。グローバル展開や新規事業開発における戦略策定、実行に強みを持つ。

■ CFO(最高財務責任者)(新任):永山 雅之(ながやま まさゆき)

東京大学工学部システム創成学科卒業。商社、M&Aアドバイザリーファーム、投資会社を経て2018年よりアクセルスペースに参画。これまで従事してきた経営管理、ビジネス開発、M&A、投資の幅広い経験を活かし、経営管理全般を管掌。

■ 社外取締役(留任):鎌田 富久(かまだ とみひさ)

東京大学にて情報科学を専攻。理学博士。1984年にソフトウェアのベンチャーACCESSを共同創業。世界初の携帯向けウェブブラウザを開発し、モバイルインターネットの技術革新を牽引。2001年に東証マザーズに上場。2012年にTomyKを設立し、テックスタートアップを多数立ち上げ中。著書「テクノロジー・スタートアップが未来を創る」。

■ 社外取締役(留任):青木 英剛(あおき ひでたか)

オーバーン大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻修士課程修了。
学生時代に超小型衛星の開発に携わり、卒業後は三菱電機株式会社にて日本発の宇宙船「こうのとり」や大型衛星の開発に携わる。
MBA取得やビジネスコンサルタントを経て、現在はグローバル・ブレインにてパートナーを務める。JAXAや政府委員会の委員等を多数歴任。
アクセルスペースには2015年8月より社外取締役として参画。

なお、弊社創業者でもある永島隆氏は取締役CTOを退任し、今後は上席研究員として衛星開発手法の体系化・効率化や最新技術動向の調査等に取り組みます。また、2015年より社外取締役を務めていただいた村井勝氏については取締役を退任、あらためて非常勤監査役に就任しています。

印刷をされる方はこちら
株式会社アクセルスペースについて

所在地:東京都中央区日本橋本町3-3-3 Clipニホンバシビル2階・3階
代表者:代表取締役CEO 中村 友哉(なかむら ゆうや)
設立:2008年8月8日
資本金:4,537百万円(資本準備金を含む)
主な事業内容:超小型衛星による地球観測事業、超小型衛星等を活用したソリューションの提案、
超小型衛星及び関連コンポーネントの設計及び製造、超小型衛星の打ち上げアレンジメント及び運用支援・受託
URL:https://www.axelspace.com

担当:三宮
TEL:03-4405-5085
FAX:03-6332-9110
E-mail:press@axelspace.com